So-net無料ブログ作成

フランス出張 1 出発 [飛行機]

フランス・パリに出張で行ってきました。

今回は往復とも羽田発のANA便。


(写真が斜めになっているのは大目にみてください)
羽田国際線ターミナルを出発で利用するのは2回目。一回目は東日本大震災直後の出張でした。


飛行機はボーイング777-300


ビジネスクラスのBUSINESS STAGGEREDというシートで、全席通路側と同じように通路に出られるタイプの座席。


シートに座るとこんな感じになるので、落ち着きます。


足元にはカバンや靴などをしまうことができます。
写真ではシート備え付けのまくらや毛布も写ってしまいました。


このシートでよいと思ったのはUSBの充電ができる端子と、AC電源が備え付けてあることです。
これで、最近増えてしまった携帯電話や電子機器の充電が飛行中にできます。


前方の個人スクリーンも17インチサイズとかなり大きい、タッチパネル式のものでした。


飛行機は定刻に出発。最近はカメラは撮影してよいようなので、シャッターを押しました。

(つづく)
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

放射線医学総合研究所一般公開 [日記・そのほか]

先日、千葉市稲毛区にある放射線医学総合研究所が一般公開でしたので行ってきました。
1957年の創立の、放射線と人々の健康に関わる総合的な研究開発に取り組む国内で唯一の研究機関とのことです。


JR総武線快速が停車する稲毛駅から徒歩10分位で正門に到着。



見学にあたっては、名前、住所などを記入すると、切符のような、放射線管理区域入場証をもらえます。


はじめに身近な放射線に関する展示を見学。子供向け?の展示の中で面白かったのは、鉱石から出てくる放射線を霧箱で見えるようにした展示。

次に放射線で被ばくした人を治療する施設を見学。



いきなり目にとまったのは手術台。人形が放射線測定をしているところのようです。測定している人が防護服を着ています。




この施設では、食べ物と一緒に体に取り込まれている放射能の量、いわゆる内部被ばくの検査をしてもらいました。ホールボディカウンターという装置で体内のカリウム40という放射性物質の量を測定してもらいました。私の場合、約3200ベクレルのカリウム40が体内にあると教えていただきました。


ガンマ線やX線ではない、炭素原子核などを加速してガンの治療を行う、重粒子線加速器の見学。

とにかく大きな装置で、加速器の周囲を回るだけでもかなり歩きました。
研究所の方の説明によると、患者さんの治療のない夜中に、治療以外の実験を行っているとのことで、同様の施設は世界中で3つしかないため、米国NASAの研究者も来日して研究に使っているそうです。

放射線に関する勉強になりました。また、千葉市の住宅街にある放射線に関する研究所で、子供連れの来場者も多い一般公開だと感じました。

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。