So-net無料ブログ作成

都電荒川線に乗る [旅行]

都内で数少ない路面電車の都電荒川線に乗ってみました。


(大塚駅に停車中の電車)

いつもはJR京浜東北線の王子駅付近で車内から眺めるだけだったので、感激の初乗車でした。
都電荒川線は、早稲田からサンシャイン前、大塚、王子、町屋などを通って、三ノ輪橋まで伸びる都営の路面電車。

はじめに王子から大塚まで行ってみて、大塚で昼食。



焦がしにんにく入りの黒吉丸ラーメン。チェーン店なんですが、つい、入ってしまいます。


(早稲田駅で撮影)

大塚から早稲田まで、こんなレトロな感じのする車両でした。祝日(成人の日)だったので日の丸の旗が掲げてあります。




早稲田終点はこんな感じ。せっかくなので周辺を散歩してみます。



地名のとおり、周辺には早稲田大学の校舎や関連施設が沢山あるようです。
それから、都営住宅+都交通局の建物もあって、都電荒川線のターミナルだからなのでしょうか。
ここからは都バスのネットワークが中心かも。都営地下鉄は三田線以外は私には今ひとつ使い勝手がピンときません。

今度は早稲田から逆戻りして、王子を通り過ぎ、荒川車庫前まで。
ここには、都電の昔の車両と停留所を模して作られた「都電おもいで広場」があります。


昔の5500型と呼ばれる車両。中は都電の歴史を説明した展示があります。


昔の都心を走っていた都電の様子。いまでは地下鉄に変わってしまっているのでしょうね。


昔の都電の路線図。地下鉄よりも距離あたりの停留所の数が多いですね。



もう一両の旧7500型という車両。



こちらは展示は少なめで、当時のままの雰囲気で保存されていました。


荒川車庫前から王子まで、再度、荒川線で戻りました。

私は子供の頃に福岡県北九州市で西日本鉄道(西鉄)の路面電車を利用しました。荒川線は東京で残っているわずかな路面電車の一つですが、路面電車自体は最近になって環境に優しい交通機関として見直されているようですね。

思ったより楽しく、また、沿線に見所沢山の荒川線でした。
次回乗る機会があれば、反対側の終点、三ノ輪橋まで行ってみたいと思っています。

タグ:都電 荒川線
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行