So-net無料ブログ作成
検索選択

一橋大学訪問 [日記・そのほか]

この土日は仕事で一橋大学を訪問しました。

JR国立駅を降りたら、ヨーロッパかと思うほどの大きな並木道を歩き、繁華街がとぎれたらそこは大学。


それぞれの校舎は同じ色合いで統一されていて、とても落ち着いた雰囲気でした。
駅までの通りも書店や気の利いたレストランがあって、便利そう。
こんな大学で勉強できたら楽しいだろうなあ(笑)

ただ、ちょうど大学祭の準備かなにかで今らしい?看板があったのが、普通の大学生ということを象徴していました。


飲み過ぎは良くないよ、ということですね。

一仕事終えて明日は福岡に戻ります。

博多港散歩 2 [日記・そのほか]

運動不足解消も兼ねて博多港を散歩したときのつづきです。

博多ポートタワーの近くには、ベイサイドプレイス博多という商業施設があって、沢山のお客さんでにぎわっていました。


もう少しで正午でしたので、レストランが混雑する前にお寿司屋さんでランチをいただくことにしました。


入ろうとしたお寿司メニューが中心の和食のお店(上の写真)は満席でしたが、面白いことに隣の系列店の洋食屋さんに案内され、そこでも同じ寿司ランチをいただくことができました。ただ、刺身醤油や醤油皿はテーブルには常備されていなかったので、あとで頼んで持ってきてもらいました(笑)。

(寿司ランチ。アサリのみそ汁付きで1,050円)

腹ごしらえのあとは博多ポートタワーに登ります。


ちょうど、港に大型の客船が入港していました。

いつかはこんな客船で船旅に出てみたいものです。

ポートタワーの西側には、荒戸大橋の向こうに、百道浜の福岡タワー、ヒルトンホテル、ヤフードームなどが見えます。


そして、南側には競艇場が見えます。福岡ボート。公共ギャンブル施設は福岡県は割と多いところだという印象があります。


博多ポートタワーの解説もありました。日本中に6カ所ある兄弟タワーのことも触れられていました。


こうやって博多港を楽しんだあとは、天神方面に向かいました。
博多港散歩の記事をこれで終わります。

博多港散歩 1 [日記・そのほか]


一人暮らしが続くと脂っこい食事やお酒が増えてきて、いっそう体重が増えてきました。
メタボの傾向があるとのことで、万歩計をもって歩くことにしました。

もう、先月になってしまいましたが、9月下旬に博多港を散歩してきました。

中洲川端から旧浜小路と呼ばれる通りを海側に向かって歩いて行きます。


海に近づいてくると、福岡国際センターが見えてきます。大相撲の九州場所をはじめとするいろいろな行事が開催されるコンベンションセンターです。


その隣にはコンサート会場で有名な福岡サンパレスがあります。


2つの大きな白い建物の間をすり抜け、福岡都市高速道路の高架の下をくぐります。

「うみはすき?」なんだかかわいいです。

高架をくぐると目の前に博多港の全景が広がります。博多港国際ターミナルが見えています。アジアの国から来たと思われる大型船も接岸しています。


港はとてもきれいに整備されていて、散歩が楽しくなるようなモニュメントが至る所にあります。


博多ポートタワーもここにあります。高さは100mです。
東京タワー、通天閣などの鉄塔と同じ建築家の設計とのこと。これは、ナツパパ さんに教えていただきました。

こちらには福岡県内の島や博多湾遊覧のような船が泊まっています。

港を歩いていると結構な歩数あるくことができます。そしておなかが空いてしまいます。

(つづく)


より大きな地図で Hakata port を表示
タグ:博多港