So-net無料ブログ作成

無線LANルーター更新と紅白歌合戦 [カメラ・パソコン]

大晦日に連投記事になってしまいます。

少し前に無線LANルーターを更新しました。
5年程使ったAirMacExpressが不安定だなあと感じていたら、そのうち作動ランプが着かなくなって、完全に不通になってしまいました。

有線LANのポートがないのもちょっと不便だったし、この際だとおもって、バッファローの最新型の無線LANルーターに買い替えました。

なんでも、無線の種類がこれまでのa,b,gだけでなく新規格のnが使えるとのこと。よく分かりませんが、同じ価格帯ならばということで最新型にしました。
(追記、今回購入したルーターには、a はありませんでした。)
中身は以下のとおり。

(カメラのレンズキャップも写ってますが、大きさの参考にφ58mmです。)
左側の大きな方の黒い箱がイーサーネットコンバーター。無線LAN経由で接続するハブのようなものです。
右側の小さい方が無線ルータ本体。こちらは壁に設置しました。

いかにも電波が飛びそうな感じのアンテナが2本付いています。

そして、イーサーネットコンバーターはテレビの近くに設置して、東芝レグザ R9000に接続。
これで何ができるか不明でしたが、電子メールで番組予約などができるようでした(笑)。ところが、大晦日の今日、データ通信に利用できることが分かりました。

NHKはさすがで、番組の途中で(勝手に?)データが受信されたのです。ここまでは地デジの機能ですが、紅白歌合戦の審査員の登録ができるとのことで、ネット経由で申し込みました。

こうして、初めてテレビ経由でデータの送信をしました。BSの画面では登録のお願いなどが画面に出て来てその都度NHKに電話していましたが、そのうちネットでも出来るようになるのでしょうか。
こうして、大晦日の夜は「紅白デジタルTV審査員」として、紅白歌合戦を観ることになりました。

紅白応援隊というのも初めて観ました。いつどこで働いていたんだろう、、、

大晦日らしい記事になりました(笑)。
今年一年皆様のブログにおじゃまさせていただいたりして、楽しいときを過ごすことが出来ました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
nice!(20)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

牧草かまくらの評判 レイクタウンお土産 [日記・そのほか]

越谷レイクタウンの続きです。

レイクタウンで私が注目したのはこのおもちゃ屋さんです。

乗り物関係のおもちゃが一杯です。飛行機のダイキャスト模型がたくさん。

鉄道模型も一杯。

私が観たときは動いていませんでしたが、ジオラマも。

ミニカーも。

この日は何も買いませんでしたが、いくらでもお金を使ってしまいそうな危険なおもちゃ屋さんでした。

ところで、このイオンレイクタウンですが、周りにはなにもありません。モールの途中から撮影した写真です。

遠くに池が見えます。レイクタウンの名前はこれからつけたのでしょうか。レイクタウンを中心に開発の余地があると思います。

さて、ウサギさん達へのお土産は牧草かまくらと牧草トンネルでした。
これが牧草かまくら。

小さい方を買ったのでシロ用にすることにしました。
ワクワクしながら、早速いれてみました。

少々持て余している感じです。ケージ内の遊ぶ場所が狭くなってしまいました。
ただ、翌日になると、入っていました。

シロはかまくらの中で方向転換もできるようです。ただ、かまくらの内側からガシガシやっているようです。破壊する日は近い(笑)。

そしてチャイのほうは、牧草トンネルを。

こちらは中に入らず、明らかに持て余しています。

おまけに端からガジガジ始めました。こちらも破壊する日は近いかも(笑)。
nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

越谷イオンレイクタウンに初めて行って来ました [日記・そのほか]

開店してもう1年位たったのでしょうか、特に埼玉県民の話題のスポット、越谷イオンレイクタウンに行って来ました。

円盤のような造りの屋根が幾つかある大型ショッピングモールです。家族によると、「一日中遊べて楽しいそうだ」とのこと。

最初に入ったところはレストラン街。ちょうどおなかも空いていたのでお昼ご飯にしました。
入ったのはそれほど列ができていなかった、ハンバーグのお店「カキヤス」さん。

ハンバーグの炭火焼を実演していました。

このお店、お客さんの前でハンバーグのソースをかけて、「ジュワー」と言わせてくれます。ソースが飛ぶことがあるので、お客さんはナプキンを使って避けるよう勧められます。

「ジュワー」となっているのがわかりますか?

これは、「炭火焼ハンバーグとカキフライのセット」。パン・ライス別で1,680円です。
ここのお昼ご飯は一人2000円弱と高めになってしまいましたが、お味のほうはバッチリでした。

さて、おなかが一杯になったらレイクタウン内の探検です。
とりあえず、レストラン街から最寄りのJRの駅、越谷レイクタウン駅に向かって歩きます。
ちょうど、お店はクリスマスセールがおわって、お正月セールへの模様替えをしたばかりの様子。

福袋のタワーが堂々と。

モールの通路を歩いていると、越谷鴨ネギ鍋マスコットキャラクターの「ガーヤちゃん」というのを発見。

確か、埼玉県には「ゆるキャラ」が各市町村毎に居て、県全体のキャラが若田宇宙飛行士と一緒に国際宇宙ステーションにもいった、コバトンです。

さて、結構歩いてやっと一番南の端に到着。

本当に大きなモールです。
ここではペットショップに立寄ました。

我が家のうさぎさん達へのお土産に、牧草でできた「トンネルハウス」「かまくらハウス」を購入。


再度、北の方角に歩きます。
最近我が家でブームのドーナッツのお店発見。

家族は新宿と有楽町のお店で並んで買っていましたが、私はお店に並ぶのは初めて。ここはドーナッツを機械で作るところを見せています。

そして、家族の目当ては、もちろんコレ。

買い物の列に並んでいると配られるドーナッツ。できたてのドーナッツが一番おいしいのだそうです。
イオンレイクタウンは、モールの通路のあちこちに椅子やソファーがあって、休憩しながら長い買い物の時間を過ごすことができるようになっています。

(写真が多くなりましたので、続けます。)

イオンレイクタウン


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

虎ノ門 レストラン ケルン [食事・お酒]

職場で忘年会がありました。ここ数年は社員旅行はもちろんないし、忘年会はどうなのかなあと思っていたら、得意な幹事さんが職場の人の都合を調整して、お店を予約してくれました。

会場は東京メトロ銀座線・虎ノ門駅近くのレストラン・ケルン

虎ノ門交差点にあるTOTOビルの地下1階にあります。

ケルンという名前、ドイツワインが豊富なところというイメージですが、実際のところは昔懐かしの洋食屋さんという感じ。

雰囲気は良いと思います。

この日は飲み放題。なにが飲み放題メニューに入っていたのか分からずじまいですが、私はワインとビールをひたすら飲み続けることに(笑)。

前菜というか、お通し

牡蠣のチーズ焼き

卵焼。葉っぱのような形に仕上がっていてきれいです。

カツサンド。これがガツンとおなかに溜まります。

ここでサラダが出て来ました。全ての料理を撮影しようとしましたが、混乱の中で、取り損ねている皿もあります(笑)。

ミートスパゲッティ。当然アルデンテなどは望める訳もなく、お子様ランチの添え物のイメージ。味は美味しいです。

と、このあたりで、遅くなるからと帰宅する人もいましたが、、
その次にメイン料理と思われるステーキ?が。

これは給食にも出て来そうな懐かしい感じのハーフサイズ。

デザートもなにか出て来た記憶がありますが、よく憶えておらず(笑)。パン類が欲しかったなあとおもいつつ、飲み中心でそのおつまみと考えればリーズナブルなレストランだと思いました。

多少生存確認的な記事でした。

虎ノ門 レストラン ケルン


nice!(15)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊豆旅行6 恋人岬と美味しいお蕎麦 [旅行]

土肥金山を見学したあとは、車で国道を南に向かいます。
男4名で到着したところは、ここでした。

恋人岬。
恋人と一緒にここの岬にある鐘を3度鳴らすと、その恋愛は成就されると言われているとのこと。

英語ではLovers Capeというのだそうです。洒落てます。
岬の鐘は2つありました。
こちらは「金の鐘」。幸せを呼ぶ鐘です。


そして、こちらは「愛の鐘」。こちらが恋愛を成就するための鐘のようです。

カップルや小さい子ども連れ夫婦が多いなか、男4人で岬までの道のりを歩くのは少々つらいものがありました。

恋人岬の後は、帰路に着きます。
少し遅めの昼食に立ち寄ったのが、三島市内のお蕎麦屋さん。

(この写真は食事後に撮影したものです。)
「究極のそば その」さんです。国道136号線の上り車線側にあるお蕎麦屋さん。前日に三島から土肥に向かう際に大きな看板「究極のそば」が目立っていたので、どんなお蕎麦だろうと注目していました。
私が頼んだのは「天もりそば」。周りのお客さんの多くがこれを注文、召し上がっていたので(笑)。

これが、キッと冷えていて、腰があるそばでした。茶そばのような色の麺ですが、茶そばではありません。

天ぷらのほうも、エビをはじめ、カラッと揚げてあって、サクサクです。

食べ終わって店から出ると、大きな「完売」の文字が。

ここはお蕎麦がなくなると、その日の営業は終了になるとのことです。
この「究極のそば」のお店を発見できたのも今回の旅行の収穫になりました。

三島駅から東海道新幹線で東京に向かいます。

もう、車を運転することはありません。車内では、飲み会用に準備した飲料の余りを消費することにしました(笑)。


これで伊豆旅行の記事を終わります。

伊豆 恋人岬


タグ:伊豆 三島
nice!(19)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆旅行5 土肥金山つづき [旅行]

土肥金山の坑道の続きです。
ここから先、当時の採鉱の様子が人形で再現されています。

これは坑内に柱を立てる支柱作業のようす。この人形達は、なかには動くものや話すものがあって、お金がかかっています。

こちらは採掘のようすのようです。女性も坑内で働いていたとのことです。
また、坑内にお風呂がありました。温泉を利用したお風呂だと思われます。坑内は暑かったとのことでしたので、ここで汗を流していたのでしょう。

この観光坑道の最後に、本物の金鉱脈の跡を見ることができます。

坑外の作業も、人形達が再現してくれています。

運搬作業のようです。この人形達は仕事の愚痴をこぼしていました(笑)。

観光坑道見学のあとは、金山の解説とお土産屋さんが一体となった「黄金館」に。


ミニチュアの人形たちが金の精錬工程(だと思います)を再現しています。

意外に表情が豊かです。

昔の土肥と金山の様子のミニチュア。

面白かったのが、金塊体験。

この金塊は本物らしいです。手で持つことができます。想像以上にずっしりとした重さ。さすが金塊です。
隣は目玉の「世界一の金塊」

250kgの世界最大の金塊とのこと。値段は8億円以上。

金の値段は変動するため、時価の表記がリアルでした。

ここは小さい子どもでも楽しめるようにいろいろ工夫してあるようでした。


せっかくなので、お土産を。

24金の耳かきです。300円でした。これで耳のお掃除が楽しくなります(笑)。

このあとはドライブが続きます。
nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆旅行4 土肥金山 [旅行]

朝食後、チェックアウトまでの間、ホテルの周りを散歩することにしました。
かなり大きなフェリーが出航しています。

駿河湾の対岸の清水と土肥を結ぶフェリーとのこと。西側から土肥を訪ねる場合はこのフェリーを利用するのも面白いと思いました。

港から見た土肥マリンホテルです。

写真でご覧戴くと、砂浜にすぐということが分かります。夏は海水浴と温泉で一泊というのも楽しいかもしれません。近くには市営の休憩所もありました。


ホテルをチェックアウトして、すぐ近くの土肥金山に向かいました。
ここは大きな駐車場とお土産屋さんが整備されていて、団体客でも大丈夫そうでした。

観光坑道の入口です。
土肥金山は現在は閉山して観光目的のみとのことですが、江戸時代は佐渡金山に次ぐ国内2位の金の生産量があったとのことです。私自身は金山が伊豆半島にあることすら知りませんでした。
坑道に入ると、自動の音声で説明がはじまります。

模型などで当時の金山の様子を説明しています。

どんどん歩いてくと、

神社が坑内にありました。
この観光坑道は温泉のせいか、内部は暖かく、階段などはないので、暗くて天井がやや低いものの、楽に見て回ることができます。
(つづく)
タグ:土肥金山
nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆旅行3 土肥温泉 [旅行]

三島駅から自家用車組に合流して、ドライブすること3時間余りで土肥(とい)に到着。途中で観光や、晩の飲み会のお酒、ツマミを調達しながらです。
宿泊したのは「土肥マリンホテル 海音亭」という海辺のホテル。

ホテルの客室の窓から漁港と海が見えます。

ホテルの前の海岸は夏は海水浴でもにぎわいそうな砂浜でした。

ここの見所はホテルから眺められる富士山と夕日とのことでしたが、この日は富士山の方角は雲で覆われてしまっていました。
砂浜を歩くと5分足らずで松原公園に着きます。
この公園の目玉は世界一の花時計。

ギネスブックにも登録されているとのことです。


散歩から帰ってくると、ホテルの部屋の窓から見える景色もいい感じの夕日に。

温泉につかって一休みしてから夕食です。
ホテルの夕食は刺身の盛り合わせなどが豪華でしたが、なんとしたことか、ホテルのレストランにカメラを持って行くのを忘れてしまい、写真は撮影できませんでした。
その後で、ホテルの客室に戻って、本格的飲み会開始(笑)。学生時代の昔話で深夜まで盛り上がってしまいました。

次の日の朝食も豪華でした。

湯どうふや干物がとてもおいしかったです。
朝食の後も温泉につかり、アルコールを十分抜いてから(笑)土肥とその周辺の観光に出かけます。

土肥マリンホテル 海音亭


タグ:土肥温泉
nice!(19)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆旅行2 三島駅 [旅行]

伊豆旅行の続きです。
東京を出て、小田原に近づくあたりから富士山が大きく見え始めます。
この日は晴れていて良かったです。

やはり、富士山を眺めるのは東海道新幹線の一番の楽しみではないかと思います。

そして、「こだま」号は小田原駅停車中。

ここで「のぞみ」「ひかり」に抜かれます。ふと、レールを見ると、東海道新幹線は砂利の上に枕木とレールが乗っています。東北上越新幹線は砂利はありません。北の方は雪が多いからでしょうか。
また、鉄道博物館にいって調べたいと思います。

東京を出発して一時間で三島に到着。
まだ、集合時間には時間がありましたから、昼ごはんを食べることにしました。
(この日は学生時代の仲間との旅行なのです。)
新幹線高架下でおすし屋を見つけました。


「沼津 魚がし 三島駅店」でした。
ランチメニューも豊富です。気楽なランチにはちょっと高い感じはしますが、せっかくです。

「おまかせ10貫ランチ」を注文。

本格的なお寿司屋さんで、板前さんがお二人カウンターでお寿司を握っています。こんな日本地図も貼ってありました。

カウンターの隣に座ったお客さんは、板前さんに、「サーモンのあぶり」と注文されていました。なんだろうと思いましたが、結局正体は不明のまま。今度、どこかで食べてみたいです。

と、ランチのサラダがきました。

これは普通のミニサラダ。小さなエビの切り身とホタテが乗っています。

そして、メインのお寿司。

これは美味しかったです。私はいくらの軍艦巻きが好きなので、ラッキーでした。サーモンも美味しかったです。

三島駅前から見えた富士山です。

ちょっと手前の看板類が邪魔(笑)なのですが、大きな富士山を見ることができました。

このあと、学生時代の仲間と合流して、伊豆半島の西側の中程、土肥温泉に向かいます。
nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆旅行 1 新幹線から見た東京の街 [旅行]

週末に伊豆に行って来ました。土日の一泊2日で温泉に浸かろうという計画です。
10月下旬に計画が持ち上がり、大まかな目的地と日程決めたところまでは順調でしたが、なかなか宿泊先が決まりませんでした。最終的に土肥温泉に宿泊予約が決まったのは1週間前。それから遊びの計画を考えた旅でした。

東京から三島まで東海道新幹線に乗車。

こだま号には10年近く乗車してなかったような気がします。たまには「のぞみ」に抜かれる旅もいいものです(笑)。自由席で結構空いていましたから、山側のE席に座って、缶コーヒーを飲みながら、新幹線から見られる東京の名所を眺めることにしました。(最近、新幹線の車窓から見られる観光ポイントの案内本が複数あるのを知りました。)

東京駅を出発すると、すぐに有楽町の東京国際フォーラムの横を通り過ぎます。

昔は都庁がありました。新宿に移転したのはいつだったでしょうか。いまは催し物会場でしょうか。面白い建物で、内部も変わっています。

東京国際フォーラムのお隣は有楽町の駅、、、、

というか、ビックカメラです。ここはもとは、デパートの有楽町そごうでしたが、21世紀になった頃にビックカメラになりました。電気製品やカメラ関係のものは、よほどのことがない限りここにくれば手に入ります。外国人を連れて来たときも、デジカメの英語のマニュアルを無料で添付してくれて、とても喜ばれました。

つぎはなんでしょう。

写っているのは、東京電力やみずほ銀行のような大企業の本社ビルですけど、谷間に国会議事堂が見えるんです。
拡大するとこんな感じ。

さすがに、絵が粗くなりました。

浜松町に近づくと、やっぱり東京タワーが目立ちます。

赤いタワーはやっぱりめだちますよね。東京スカイツリーは何色になるのでしょうか。

そして、品川駅を出発し、「こだま」はどんどん速度を上げて、多摩川を通過します。


伊豆旅行記ならぬ、東京の散歩記事になってしまいました。静岡県に入ってからのことは次回からにいたします。
nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。