So-net無料ブログ作成

Michelin 東京 [日記・そのほか]

話題になっていたので購入してみました。
michelin1.jpg

ミシュラン東京。東京のレストランで食事、という機会が少ないので¥2,415の元が採れないことは承知の上です。
michelin.jpg
表紙は他の国・都市のものと同じような赤のデザイン。
でも、中身は写真が豊富でレストラン・ホテルが見開き2ページで1件が紹介されています。
michelin3.jpg

このため、496ページですが、レストランが200件、ホテルは30件です。関東周辺に住んでいる日本人にはホテルを探す必要が少ないからでしょうか。東京のホテルの紹介がたった30軒だと、海外から旅行に来る外国人には不便だと思いました。これまでに使ったことがあるミシュランガイドは、ホテルやレストランの情報が、一件あたり数行でミッシリ書かれていたので、紹介される件数としてはまったく違います。私が購入したのは日本語版なので英語版は構成が異なるのかもしれません。
他の国の場合はこんな感じ。
michelin6.jpg
これはイタリア版のローマのホテルですが、1軒あたりせいぜい数行で、ランク、住所、連絡先、部屋数、値段、レストランの有る無しなどの特徴が記されているだけなので、地図と一緒に「調べる」だけのガイドになってしまっています。

それから、東京版で面白かったのは、和食レストラン用の独自のマーク。
michelin4.jpg
「靴を脱ぐ」というのはほかの国ではないのではと思いました。

旅行先のレストランやホテルを選ぶときに、ネットは便利ですが、いまだにミシュランガイド(赤)は、特にヨーロッパ内では、信頼がおける気がして参考にしてしまっていました。東京版はいままでのものとは随分趣向が異なるようですが、写真が豊富な分、料理や場所のイメージが湧いてくるので、「行かなくても楽しめる」ガイドになっています。
nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六花亭のお菓子 [日記・そのほか]

先日、六花亭という北海道のお菓子屋さんをブログで教えていただきました。
お土産でもらってとても美味しかった憶えがあったので、また食べたいなあと思っていたところ、先日、六花亭のお菓子の販売が東京で行われていることがわかりました。

仕事を早めに切り上げて立ち寄ったのは、有楽町の交通会館。
okashi1.jpg
1階のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で、11月19日~12月02日の間、六花亭の「マルセイバターサンド」や「ストロベリーチョコ」などを販売しています。ここは普段から北海道の特産品をたくさん扱っているお店のようで、チーズも一緒に買って帰りました。

さて、定番と思われる「マルセイバターサンド」と「ストロベリーチョコ(ホワイト)」を購入。
okashi2.jpg

このバターサンドは、北海道のお土産では定番らしいのですが、どなたかからお土産でいただいて、「おいしい!」と喜んで食べた記憶だけでした。
okashi3.jpg

中身はレーズンバター。これが甘さや香りなどが最高なのです。
okashi4.jpg
紅茶と一緒にいただきました。

さすがに一度に食べてしまうのはどうかと思いましたが、止まらなくなって、ストロベリーチョコも開封。
okashi5.jpg
(すぐに誰かの手が伸びてきてます(笑))
イチゴを乾燥させたものの周りにホワイトチョコレートが覆っています。
中身はこんな感じ。
okashi6.jpg

家族には大好評でした。

その後、六花亭のお菓子はネットショップで購入できることが判り、それがを知った家族は早速バターサンドなどを追加購入したのでした。
nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉県民の日とコバトン [日記・そのほか]

埼玉県には「埼玉県民の日」があります。

11月14日が県民の日になっています。100年以上前の明治4年11月14日にはじめて「埼玉県」の名称が生まれたことから決められたそうです。毎年、県内の学校や事業所がお休みになるほか、県庁やいろいろな施設が公開日にしたり、入場無料になったりするのです。

私自身は、埼玉県民ですが東京の職場に勤めているので、特に休みはありませんでした。それでも、週末にその跡があったので、散歩がてら写真をとってきました。

埼玉県の施設を訪ねてスタンプを集めると、景品が当たるという、ポスター。埼玉県の日の告知にもなっていますね。
R0013329s.jpg

このキャラクターが、埼玉県のマスコットのコバトン。埼玉県の鳥、シラコバトを元に考えられたものだそうです。最近みつけて、意外とかわいいなと思うようになりました。
R0013325s.jpg

こちらが電車の車掌さんでない、コバトン。景品のひとつになっています。そして、先日、プロ野球の埼玉西武ライオンズが日本シリーズで優勝したときも、後楽園球場に駆けつけていました。
kobatons.gif

そして、埼玉県民の日に一番混雑するのは、東京ディズニーリゾートと聞きました。埼玉県民の多くが休みを利用して訪ねるのですね。千葉県のみなさんごめんなさい(笑)。
nice!(15)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりのフィルム写真 [ウィーン]

先日、久しぶりにフィルムカメラを使いました。
長らくキャビネットに入っていたフィルムカメラに、撮り終わっていないフィルムが残っていることに最近気づいたのです。2年前に装填したコダックのフィルム。それには、私がオーストリア・ウィーンで暮らしていた時の写真が残っていました。
wien06.jpg
wien05.jpg
wien03.jpg
wien02.jpg
wien04.jpg
wien01.jpg
ウィーンでも主にデジカメを使っていましたが、もしかしたら何かの記念になるだろうと、フィルムカメラでも時々撮影していたのです。それを船便の荷物で送ったままにしていました。ウィーンの観光名所や住んでいた地区なので、私にとっては思いがけず懐かしい写真です。
また、久しぶりにブログタイトルにふさわしい記事にすることができました。

しばらく、フィルムカメラに凝ってしまいそうです。
nice!(16)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上野の土産 [日記・そのほか]

先日の上野散歩のお土産を紹介させていただきます。

まずは、「うさぎや」さんのどら焼きとうさぎ饅頭。
ueno11.jpg
どら焼きはふっくらした中に、素朴な味のあんこが一杯入っていて、くせのない甘さが素敵でした。
そして、うさぎ饅頭。
ueno14.jpg
こちらは、山芋を使った饅頭で、なかみはこしあんです。こちらも上品な甘さ。山芋の饅頭は、鹿児島のかるかん饅頭というのを知っていましたが、こちらは外観に特徴があります。
我が家のウサギにはあげられません(笑)。
ueno12.jpg

そして、沖縄ソバ(ソーキソバ)。
豚肉の角煮をのせてもらいました。それから、辛い唐辛子のソース(唐辛子を泡盛に浸けたもの)もかけて。
ueno16.jpg
沖縄の物産店は上野まで行かなくても、近所のショッピングモールにあることが判りました。この沖縄そばは癖になりそうです。
nice!(15)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上野散歩 [日記・そのほか]

平日に休暇を取って上野周辺を散歩してきました。日頃やりたかったことをまとめて実行しました。いつもブログを拝見させていただき「これは」と注目していたことが多いです。

最初に、東京都美術館で今年の8月から12月14日までの予定で開催されている、「フェルメール展」に行きました。
ueno1.jpg
フェルメールの作品7点を含む、オランダ・デルフトの画家が描いた絵画三十数点が展示されています。フェルメール自身の作品はそれほど数がないそうで、世界中に散らばっている彼の作品をまとめて観るチャンスなのだそうです。フェルメールの7点の作品はすべて異なる欧米の美術館あるいは個人の所有ということです。
この展覧会は大変人気で、平日の朝10時に美術館に到着したのですが、すでにチケット売り場は若干の列が出来ていました。会場内は大変混雑していて、絵を鑑賞するよりも、他のお客さんを避けるのに気をつかってしまいました。1時間程で出てきましたが、その時は入場のための長い列が出来ていました。

ueno2.jpg
上の写真は美術館の正面入口です。球形のオブジェがちょっといい感じです。

美術館を後にして、上野公園を散策しました。上野東照宮をちょっとぶらぶら。海外からのお客さんが多いところのようです。
ueno13.jpg
絵馬の願い事には英語、韓国語など外国語で書かれたものが多数ありました。

上野公園を出て上野広小路方面の次の目的地に向かいます。それは、ここです。
ueno4.jpg
どら焼きの老舗、「うさぎや」さんです。どら焼きが無くならない時間帯に行かなければと、午前のうちにたどりつきました。ここでどら焼きなどを購入しました。

どら焼きをゲットして満足したので、昼食にしました。美味しい蕎麦を食べようと、事前に下調べしていたのですが、道を間違えたりしながらたどり着いたのが、ここ。
ueno5.jpg
上野仲町通りにある蓮玉庵 (れんぎょくあん)です。本でも紹介されている、歴史のあるお蕎麦屋さんです。二人で昼のみのメニュー「古式せいろそば別打ち入り三枚重ね」1,000円と「かき揚げそば 小海老と玉ねぎ」1,000円を注文しました。
こちらがせいろそば。せいろそばの別打ちとは、3枚のうち1枚は違う味の麺になっています。これは紅芋でした。
ueno14.jpg

そしてこちらが、かき揚げそばです。
ueno6.jpg

そば湯をいただいて、ごちそうさま。このお店は、お蕎麦は美味しいですが、ちょっと量的にさびしい感じがしました。上野広小路の周辺には有名なお蕎麦屋さんが何軒かあるようです。他のお店にも行ってみたいです。

昼食後にアメ横に向かいました。途中で見つけたのが、沖縄名産品の店。
ueno8.jpg
それほど古くないお店だと思います。数年前もうろうろしましたが、その頃は見あたらなかったような。
お店の前に鎮座するシーサーが可愛いです。
ueno9.jpg
ここで沖縄そば(ソーキそば)の材料をお土産に買いました。

そしてアメ横に。
ueno10.jpg
ここは本当にいつでもにぎわってますね。靴屋さんを覗いて、魚屋さんでシャケとたらこをまとめ買い?してこの日の買い物と散歩は終わり。

上野駅発の4時間の散歩でした。平日の昼間の散歩、とても豊かな気持ちにさせてくれました。
(お土産は後日ご報告したいと考えています。)
nice!(14)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉県こども動物自然公園 [日記・そのほか]

週末に、埼玉県東松山市にある埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。
ここは東松山市の丘陵地帯のアップダウンを活かしたまま公園になっています。
天気のよい週末には家族連れでにぎわいます。
zoo1.jpg
着ぐるみのうさぎさんが人気者ですね。

今回の訪問の目玉は、園内に出来た、大東文化大学の「ビアトリクス・ポター資料館」です。
zoo2.jpg
ここは、公園の中につくられた大学の資料館ですが、題材は絵本の「ピーター・ラビット」の物語で、作者のビアトリクス・ポター自身とピーター・ラビットに関する資料を収集・展示しています。

zoo3.jpg
資料館の建物は英国湖水地方にあるビアトリクス・ポターの農家を模してつくられたものだそうです。内部は2階に分かれており、ピーター・ラビッットの年代ごとの本や、ピーター・ラビットの家系図(笑)などの資料が中心ですが、ビデオアニメが上映されていたり、ピーター・ラビットの家族のぬいぐるみが展示されていたり、小さな子供でも楽しめるようになっています。

ビアトリクス・ポターのことは、2007年の映画「ミス・ポター」で知りました。主人公のミス・ポターの生涯を描いた悲しい物語ですが、いつか飛行機の中で見たままになっていました。DVDも出ているようなので、あらためて観てみたいと思います。

さて、この動物園はコアラとカンガルーなどのオーストラリアの動物が沢山飼育されています。この日は少し寒かったのですが、コアラを観に行きました。
コアラは夜行性なので、昼間は木の上でじっと眠っています。動いているコアラを観るためには、午後1時に設定されているエサ(ユーカリの葉)の時間に行くと良いとのことでした。時間にコアラ舍に行ってみると、沢山の人がコアラの動く様子を見に集まっていました。
けれども、この日は寒いせいか、餌やりがいつ行われたのか判りませんでした。
zoo4.jpg
コアラは毛玉のようになって、木の上でじっとしています。
かろうじて、顔をとらえたのがこの写真。
zoo5.jpg
うつむき加減で頭を掻いているのが判るでしょうか?
この後カンガルー舍にも行きましたが、寒いためか、日なたでじーっとしているカンガルーばかりでした。ちょっと拍子はずれでしたが、まあよしです。

久しぶりの動物園とピーター・ラビットの世界をゆっくりと楽しむことが出来た休日となりました。
nice!(11)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感