So-net無料ブログ作成

門司港レトロ(北九州市) [旅行]

北九州市門司区は私の生まれ故郷。

古くから陸上海上交通の要所として栄えた門司区。関門海峡を挟んですぐ向かいが山口県下関市。本州と九州をつなぐ関門トンネルは鉄道、自動車・歩道、新幹線と3本あり、高速道路の関門橋もかかっています。

そんな門司区のいまの観光スポットは「門司港レトロ」。昔ながらの門司港の様子を再現したものです。昭和の高度成長の時期には港町として栄えてはいましたが、港湾施設ばかりで、一般の人は海岸に近づきにくいところがありました。「門司港レトロ」は、港湾施設が続いているところに公園を整備し、一般市民が海岸近くで遊べるようにしたものです。博物館などの見所もいくつかあるようです。

これは跳ね橋。
retro1.jpg

一日に何回か船を通すために歩道の橋がゆっくりと跳ね上がります。ちょうど渡ろうとしたときにアナウンスがあり、橋があがり始めました。シャッターチャンスです。

しかし、いったん橋が上がり始めると、1時間ほどは渡れません。回り道で木のデッキがいい感じの港の内側に入っていきます。
retro2.jpg

ここにはお土産屋さんがいっぱいあり、オルゴール博物館などの施設もありました。
関門海峡の名物の「ふぐ」や「うに」の加工品、そして職場用のお土産に手ごろなお菓子詰め合わせを購入し、帰路に着きました。

夏に北九州市に帰省した際の様子はこれでおしまいにします。関東地方はもうすっかり涼しくなり、長袖でちょうどよいくらいになりました。秋も充実した日々になるように日々努めていきたいと考えています。
nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

宇宙の神秘に迫る(北九州市立児童文化科学館) [旅行]

また、ご無沙汰してしまいました。前回の科学館の続き、北九州旅行の続きです。

これはなんだかわかりますでしょうか。
planet6.jpg

これは、2002年にノーベル物理学賞を受賞された、小柴博士が考案した、「カミオカンデ」という観測施設の中にある「光電子倍増管」の模型です。カミオカンデとは、岐阜県神岡町の旧亜鉛鉱山の跡地を利用した実験施設で、宇宙から降り注ぐニュートリノがこの実験施設内にためられた水中の酸素の原子核と反応し、その反応により発生する微弱な光をこの装置が電気信号に変換することにより、ニュートリノを観測することができるのだそうです。
ノーベル賞を生んだ装置のキーデバイス、といったところでしょう。
ちなみに、カミオカンデには、この「光電子倍増管」が1000台設置されているそうです。

つぎに注目したのが、これ。
planet7.jpg

地球儀でも月面儀でもない、「火星儀」です。
相当本格的な望遠鏡を使っても赤い玉にしか見えない火星ですが、惑星探査機をたくさん飛ばした成果でしょう、地形が月面なみにわかっているのです。
planet8.jpg
月とおなじようにクレーターがたくさんのようですね。
でも、アラビア地方とか、パスツールとか、地域やクレーターの名前が決まっているようです。それが、日本語で!

こちらは別の地域です。
planet9.jpg
クリセ平原、クサンテ地方などの名前がついています。この火星儀、もし販売しているならぜひ欲しいです。
これを眺めながら、はるかかなたの火星に思いを浮かべることができるでしょう。

さて、この火星儀に興奮したあとは、天体の部屋の中央に鎮座している「太陽系」をチェックです。
planet10.jpg
残念ながら、私が訪ねたときは運転していませんでした。また、一番外側の惑星が土星で、天王星、海王星、それから冥王星(たしか惑星ではなくなったらしいですが)はありません。

また、望遠鏡やいろんな天体グッズが欲しくなってしまいました。いくつになっても、天体は自分を子供にしてくれる、神秘的な対象です。
nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月に置いてきた首相のメッセージ(北九州市立児童文化科学館) [旅行]

夏休みの北九州での遊びの続きです。

皿倉山からも近い、北九州市立児童文化科学館に行きました。
この科学館の目玉はプラネタリウムです。
planet1.jpg

ここは私が小学生の時にも学校の見学で訪ねたことがあります。夏休み中ということもあり、子供向けのプログラムで星空紹介を楽しみました。最近は星空を眺めることも少なくなり、星座の名前や場所も忘れてしまっています。小学生の頃は天体観測に興味があり、天体望遠鏡も持っていたのに。

プラネタリウム以外にも、天文関係の展示がとても充実しています。

これは、アポロ11号が1969年に月面着陸に成功したとき、月面に残してきたプレート(複製)。
planet2.jpg

そしてこれは、日本の佐藤栄作首相の成功を祈る色紙(複製)。これのマイクロフィルムのイメージがやはり月に運ばれたのだそうです。こちらは初めて知りました。
planet3.jpg

これは、月面から初めて出された手紙の切手(複製でしょう)。
planet4.jpg

この手の展示が思いのほか詳しいので、時間をかけて観て回りました。
科学館らしい、太陽系の説明なども、充実しています。
planet5.jpg

もう少しこの科学館のことを紹介したいと思います。
nice!(12)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

皿倉山山頂その2 [旅行]

北九州市の皿倉山に登った件のつづきです。
前回の記事からすっかり間が空いてしまいました。

スロープカーの中のです。景色が見やすい作りになっています。
sarakura1.jpg

夜景も楽しめそうです。
sarakura2.jpg

大きめのゴンドラのような作りの車両のモノレールです。ただ、急な傾斜を登るために特別な機構が車体の下部に付いているようです。
sarakura3.jpg

皿倉山の山頂は、北九州市全体が見渡せる場所で、放送局のアンテナが沢山あります。NHKをはじめ、民放各局のテレビ塔もここに集まっています。
sarakura4.jpg

600m程度の山ですが、随分涼しく感じられました。下山するとむっとする空気に逆戻り。
もう9月中旬ですね。皿倉山に登った8月中旬に比べると随分涼しくなったものです。
nice!(13)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感