So-net無料ブログ作成

燃料電池自動車 FCV [日記・そのほか]

ちょっと前にトヨタが発表した燃料電池自動車をお台場の展示施設で観てきました。


Fuel Cell Vehicle、燃料電池自動車。
近づいて眺めていると、トヨタの方が説明してくれました。
水素と酸素から電気を作り、その電気で動力にする。
排気ガスは水だけ。
電気自動車と違って、一回の水素充填で500km、ガソリン車並みの走行が出来る。



内部の構造がわかるように展示されていました。おなかの当たりに黄色い水素タンクが見えます。

お値段は700万円台。実際の販売では政府の補助金が200万円位出るらしいです。
それでも500万円。いまはハイブリッド車が200万円で購入できるので、半額にならないとね。

それから、水素を充填できるスタンドや、水素ガスを生産・運搬するインフラの整備もこれからの課題とのこと。

いまは液体ロケットの燃料しか思いだせない、水素ガスの値段もどうなるのか気になるところ。

それでも、内燃機関を動かさずに高速道路を走るのは快適そうです。早く普及して欲しい。人生一回はFCVにしてみたいと思っています。



nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 16

コメント 5

ma2ma2

水素ガスは爆発だけが怖いですね!
by ma2ma2 (2014-08-13 13:51) 

うつぼ

運転しないので(紙ドライバーです(^_^.))あまり車に興味を持つことは
ないのですが、自分が小さかった頃に観た自動車と今、、本当に進化が凄いですね。
こういうものを観ると日本の技術力を感じるというか嬉しくなりますね。(^_^)
by うつぼ (2014-08-13 19:34) 

tomoyuri

私もいつかはFCVに乗ってみたいです。
乗り味は普通のEVでも体験できるでしょうが、
水素で発電するというのが何とも魅力的です。
by tomoyuri (2014-08-13 21:24) 

ナツパパ

ガソリンのように制御が完璧になって、水素燃料も使ってみたいです。
たしかに、夢の燃料ではあるのだけれども。
by ナツパパ (2014-08-13 22:41) 

YAP

燃料電池車は、今はまだ Well to Wheel で考えるとディーゼルには遠く及ばないですね。
この先の技術開発で、どこまで効率を伸ばしていけるのか。
いろいろ課題は多いですが、ひとつの技術として非常に興味があります。
by YAP (2014-08-14 16:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。